1. ホーム
  2. Staff Blog
  3. これはkahogoユーザーならあるある?

これはkahogoユーザーならあるある?

kahogo石鹸って最後コンタクトレンズみたいになりませんか?

私はkahogoが生まれてからずっと使い続け、現在6個目だと思います。

それまでも石鹸愛用者だったのですが、おおよそ石鹸って溶け崩れていき最後はバラバラのポロポロに。

おまけに石鹸の底面はぬるぬるとし、気持ちが悪いのでそぎ取っていました。

ところがkahogo石鹸はいくつ使ってもそんなぬるぬるやバラバラのポロポロがほとんどないのです。

これはkahogoユーザーさんにも共感して頂けるのでしょうか。

kahogo編集部の中でもそろそろ使い終わるkahogoを持っているという方に写真を撮ってもらいました。

するとやはり同じです!

まるでコンタクトレンズのようになったkahogoの姿は我が家で起きているkahogoの末路そのものでした。

これはどうやら使い方というより、kahogoの製法に秘密があるようなのです。

kahogoは枠練石鹸です。

機械によって高温短時間で量産された石鹸に比べ、kahogoは90日間かけてゆっくり乾燥と手磨きを繰り返しながら枠練製法で作られています。

時間をかけることで石鹸の結晶が密になり、溶け崩れしにくく、最後まで原型の丸型を残しながら使い果たす事ができるのです。

そういえば「石鹸はつっぱりやすい」と思っていた頃もありますが、この枠練製法は残したい保湿成分を高温で飛ばしてしまう事もないため、高保湿。

だから化粧水に走らないで済むのも納得です。

外見がかわいいだけじゃない。中身も100点!

うーーん!まさに理想です(笑)

とぃうわけでパケ買いからkahogo石鹸のヒミツも是非実感してみて下さいね。

 

 

関連記事

身体を洗う時使っちゃいけないの?

みなさんは体を洗う時、どうしていますか? A タワシ、ボディブラシ、織り目の粗いタオルなどでゴシゴシ B 何も使わない 実はAがベストなのだそうです。 『Aの方がしっかり汚れを落として洗った感じがする』というご意見も多いのではないでしょうか。 ちょっと理由を簡単にご説明しますね。 皮膚は『皮脂膜』で覆われています。 皮脂膜は水分を保つ役割を果たしているのですが、Aの方法で洗うと知らず知らずのうちに皮脂膜が取り除かれていきます。 すると皮膚は乾燥し、かゆみが出ることも。 寝る時にあちこちかゆみが出て眠れない ...

作品:kai160421さん
5/10は母の日

みなさんは母の日に何か贈りますか?   今年はコロナウイルスの感染拡大によって日常生活も一変している中、お母さんにはいつまでも無事元気でいて欲しいという気持ちがより一層強くなりますよね。 というわけで今年の母の日は肌と心を癒してくれるkahogoせっけんはいかがでしょうか。 手洗いをこれまで以上頻繁にしなければならない手肌を高保湿で守ってくれます。 私は朝洗顔で使っているのですが、オイルインなのでメイクのノリが上がるのでもう手放せません。 洗顔フォームと違って、せっけんはカッターで切り分け各所で ...

路面がアート

紅葉に花言葉があるのはご存知ですか。 近所にある立派な紅葉の木が今年も綺麗に色づき、落ち葉もアスファルトの色に映えていました。 路面も紅葉も雨に濡れ艶めいてしばらく眺めてしまいました。 ところで紅葉に花言葉があるのはご存知ですか。 美しい変化、遠慮、隠栖、隠退、大切な思い出、非凡な才能、自制とあるのですが、「隠栖」「隠退」という言葉は聞き慣れず、早速意味を調べてみました。 「隠栖」・・・俗世間を逃れて静かに住むこと 「隠退」・・・世間を避けて閑居すること なんだかコロナウイルスに苦しむ心情を表しているよう ...

Copyright© kahogo.jp , 2021 All Rights Reserved.