1. ホーム
  2. Staff Blog
  3. kahogoのパッケージで楽しもう

kahogoのパッケージで楽しもう

kahogoパッケージにドライフラワーを詰めてみました。

おうちでkahogo時間はいかがですか。

せっけんをパッケージから取り出したら、天面のデザインのフタ部分は押し出すと外すことができます。

絵はkahogo専用のふれーむに入れて飾ったり、メッセージを裏側に書いてプレゼントにも。

そしてデザインのフタと背中合わせでkahogoのロゴのフタが内蔵されています。

そのフタを天面に取り付けてそのまま小物入れなどで使うことも可能です。

kahogoパッケージは変幻自在に楽しむことができるのです。

というわけで今回は千日紅のドライフラワーをぎっしり敷き詰めてみました。

アロマオイルを含ませてお部屋の中で楽しんでみてはいかがでしょうか。

私もおうちの中であれこれDIYを考えています。

みなさまもkahogo時間を一緒に楽しんでみませんか?

kahogoのパッケージをDIYしてInstagramやTwitterでツイートや投稿をしてみませんか。

「あーこんな風に使えるか!」「こんなの欲しかった!」「パッケージまでアーティスティック!」なんてアイデアが集まってくれたら楽しいですね!

投稿の際にはkahogoのアカウントをタグ付け、「#kahogo時間」のハッシュタグをつけてください。

是非お待ちしております!

 

 

 

 

 

 

関連記事

HINAHOさんのライブペイント

『柔らかな世界にかける、月夜のカーテン』 11/28~11/29の2日間、西武池袋本店さんにてHINAHOさんによるライブペイントが開催されました。 私はお恥ずかしながらライブペイントを初めて拝見させて頂いたのですが、どんな風に作品が完成していくのか、技法や画材などを間近で拝見でき見入ってしまいました。 音楽で言えばテープよりCDがいい音だったし、音響機器が良ければもっと良い。さらに生演奏がもっと良い。そんな初歩的な発想しかないのですが、ライブペイントはまさにそれにあたり、とても貴重ですてきな時間でした。 ...

ファッションイラスト100年史

『おしゃれはもうやめたの?』 私は以前、実家に帰省した際、母に「おしゃれはもうやめたの?」と言われたことがあります。 『え?どうして?』と聞いたら『なんか平凡な格好してるから』と返されとてもショックを受けた記憶があります。 一昔前は半分以上肌を露出したりビジューやファーなどディティールの凝ったデザインが流行っていて捻りの効いたファッションが好きでした。 でも今は若者も含め全体的に露出を控えて、シンプル志向でジェンダーレスなファッションが台頭しているように見えます。 そんな中に悪目立ちしないようにと思いなが ...

これはkahogoユーザーならあるある?

kahogo石鹸って最後コンタクトレンズみたいになりませんか? 私はkahogoが生まれてからずっと使い続け、現在6個目だと思います。 それまでも石鹸愛用者だったのですが、おおよそ石鹸って溶け崩れていき最後はバラバラのポロポロに。 おまけに石鹸の底面はぬるぬるとし、気持ちが悪いのでそぎ取っていました。 ところがkahogo石鹸はいくつ使ってもそんなぬるぬるやバラバラのポロポロがほとんどないのです。 これはkahogoユーザーさんにも共感して頂けるのでしょうか。 kahogo編集部の中でもそろそろ使い終わる ...

Copyright© kahogo.jp , 2021 All Rights Reserved.