1. ホーム
  2. Staff Blog
  3. 「kahogoって、過保護という意味?」

「kahogoって、過保護という意味?」

そうです。kahogoは過保護です。

本当に過保護に作っているからです。

石鹸を作るなら機械練りの石鹸であれば短時間に大量生産ができコストも抑えられます。

しかし、そうした簡単な石鹸作りや、希薄な想いでアーティストさんに接する事も、お客様の基礎ケアに安易な気持ちで向き合う発想も排除しました。

もしかしたら最初はパケ買いで選ばれるかもしれない。

もしくは枠練り石鹸だから選ばれるかもしれない。

 

いずれにせよ、「次も使いたい」という評価を頂かなければアートを再び選ぶ楽しみが途絶えてしまいます。

「日常にアートを」というスローガンに反しています。

そこで過保護なくらいこだわって手をかけて作ったのがkahogo soapです。

 

kahogo soapは大量生産などできません。

90日間、熟練の職人が保湿成分を最大限に残しながらゆっくり乾燥させ、手磨きを三度繰り返して仕上げます。

それを証明するかのようにkahogo soapは文字が透けて見える程の透明でツヤツヤとしています。

 

その上、完成したらそれはそれは個性豊かなアートパッケージの中にひとつひとつ詰められるのですから、よその石鹸と比べてもとても過保護な子です。

 

kahogoのアーティストさんの中に「self healing」というお言葉をコンセプトに作品を制作してくださった方がいらっしゃいます。

このkahogoがお客様の手に渡った時、心や身体を満たすひとつであったなら、過保護に作った甲斐があったというものです。

関連記事

朝のオイルにご注意。

油焼けってご存じですか? 最近、肌荒れやニキビにお悩みの方にオイル美容がSNSでも話題ですね。 髪と肌に一緒に使えるようなオイルなどもよく見かけます。 ところが、朝のスキンケアでオイルを塗ると成分によっては油分が紫外線によって酸化し、色素沈着やくすみを引き起こしてしまうというのです。 酸化とはオイルに含まれる不純物が主な原因であることが殆どだそうなのでオイル選びや使うタイミングにも注意してみてはいかがでしょうか。 これまでのブログでもマスクの下で戦うお顔の肌にkahogoを・・・とおすすめしてまいりました ...

石鹸のセカンドライフ

石鹸って魚のエサになるってご存知ですか? ちょっとキャッチーすぎる入り方をしてしまいましたね。 私達が使った石鹸は当たり前ですが下水に流れていきます。 そして川へと運ばれていくわけなのですが、日本の河川は軟水です。 その水の中のカルシウムと石鹸が結びつき、水に溶けない不溶性のカルシウム石鹸として変身するのです。 その変身したカルシウム石鹸は微生物をはじめとする川の生き物たちのエサになります。 例えば養殖魚に与えると成長が促進されるんですって。 石鹸は地球に優しいばかりか、魚たちにとってサプリに近いエサにな ...

ぐるっと見てみたくなる空間

4/13東急ハンズ横浜店でkahogoのPOP-UP STOREオープン致しました。 【会期】2021/4/13(火)〜 【会場】東急ハンズ横浜店6階 神奈川県横浜市西区南幸1-3-1横浜モアーズ内 【営業時間】10:00〜21:00 【HP】https://yokohama.tokyu-hands.co.jp/ 80名のアーティストによる作風もテーマも個性豊かな作品が揃い、それぞれのコンセプトを読みながらゆっくりと回遊できる空間になっています。 今回は完売していた作品パッケージの再登場や、これまで発売し ...

Copyright© kahogo.jp , 2022 All Rights Reserved.