1. ホーム
  2. Staff Blog
  3. 日焼け止めを落としきれないとどうなる?

日焼け止めを落としきれないとどうなる?

梅雨が明けて、すっかり日差しも高くなり真夏の陽気となりましたね。

万全のUVケアも万全でお出かけしている方も多いかと思いますが、日焼け止めのクレンジングはしっかりできていますか?

せっかく紫外線から肌を守ったつもりが日焼け止めを落としきれずにいると、肌の炎症、ニキビ、乾燥、毛穴の黒ずみにつながってしまうのです。

日焼け止めを選ぶ際に「クレンジング不要」「石鹸で落とせる」という商品をチェックして選ぶ基準にしてもいいかもしれませんね。

とはいえ、注意が必要なのはしっかりと洗うことです。

お顔のクレンジングと同様に、毎日日焼け止めというメイクを重ねているという感覚で優しく洗いましょう。

kahogoは肌に刺激が少ない低刺激性。ラベンダーオイルやオリーブ果実オイルなどで保湿力もしっかりです。

日焼け止めを肌に優しく洗い流しながら保湿をしてくれるのでお顔も身体も安心です。

身体の洗い方も洗顔の時と同じようにたっぷり泡立てて泡で洗い、すすぎは弱めのシャワーか洗面器で落とすようにしてみてください。

今年の夏も健康できれいな肌で過ごせますように。

 

 

関連記事

作品:kai160421さん
5/10は母の日

みなさんは母の日に何か贈りますか?   今年はコロナウイルスの感染拡大によって日常生活も一変している中、お母さんにはいつまでも無事元気でいて欲しいという気持ちがより一層強くなりますよね。 というわけで今年の母の日は肌と心を癒してくれるkahogoせっけんはいかがでしょうか。 手洗いをこれまで以上頻繁にしなければならない手肌を高保湿で守ってくれます。 私は朝洗顔で使っているのですが、オイルインなのでメイクのノリが上がるのでもう手放せません。 洗顔フォームと違って、せっけんはカッターで切り分け各所で ...

5000年前の石鹸のレシピ

灰汁とイノシシの脂がいい匂い? 先日、とても面白い番組を観ました。 「所さんの目がテン!」という番組だったのですが、その企画が5000年前のレシピで古代石鹸を作ってみようというものだったのです。 石鹸の誕生は5000年前の古代メソポタミア。 1世紀には古代ローマのプリニウスによって「石鹸は植物の灰とヤギの脂で作る」とレシピが粘土板に書き残されていたそうなのです。 その当時の資料と専門家の助言を手がかりに再現を試みます。 植物の灰が一体石鹸の成分の何になるのだろうとハテナだらけで観ていたのですが・・・。 ま ...

kahogo第四弾へのよくある質問

いよいよkahogoの第四弾応募がスタート致しました! 募集1週間が経過し、続々とご応募を頂いております。 そこで今回はご応募にあたりよくお問い合わせをいただく内容をご紹介致します。 ・・・作家さん向けのブログになってしまうことをどうかご容赦ください。・・・ Q.kahogoのロゴを使いたいのですが、データをいただけますか? A.お送りします。イラストレーターのバージョンの希望がありましたら教えてください。 Q.Adobe社イラストレーター以外での応募は可能ですか? A.イラストレーター以外は受け付けてお ...

Copyright© kahogo.jp , 2020 All Rights Reserved.