1. ホーム
  2. Staff Blog
  3. kahogoってどのくらい使えるの?

kahogoってどのくらい使えるの?

一般の石鹸よりkahogoは長く使えるの?

このご質問をよくお受けします。

そうですよね。石鹸って水場に置いておくと溶けるのが早いイメージがあると思います。

というわけで、早速kahogoで使い切りを検証してみました。

泡立てネットを使うか、1日何回使うかによって使い切るタイミングは違うかもしれませんが今回は毎日2回洗顔で泡立てネットを使っての記録です。

最後まで丸い原型を留めながらヌルヌルとした溶け出しもなく2ヶ月16日で使い切りました。

枠練り石鹸の大きな特徴はお風呂場などでも溶けにくく形を留めて使うことができるところです。

ヌルヌルとすると何となく気持ち悪いから水で削ぎ流してしまう事はありませんか?

また乾きすぎるとひび割れが起き、泡立ちが悪くなる事もあります。

kahogoは大量生産できる製法ではありませんがゆっくり90日間かけて石鹸の中から水分を飛ばします。

その分保湿成分を最大限に残して仕上がります。

気持ちよく使い切るために手間暇を惜しまず作られたkahogoを毎日のお肌の健康に、是非楽しんでいただけたら嬉しいです。

関連記事

kahogoパッケージにドライフラワーを詰めてみました。
kahogoのパッケージで楽しもう

おうちでkahogo時間はいかがですか。 せっけんをパッケージから取り出したら、天面のデザインのフタ部分は押し出すと外すことができます。 絵はkahogo専用のふれーむに入れて飾ったり、メッセージを裏側に書いてプレゼントにも。 そしてデザインのフタと背中合わせでkahogoのロゴのフタが内蔵されています。 そのフタを天面に取り付けてそのまま小物入れなどで使うことも可能です。 kahogoパッケージは変幻自在に楽しむことができるのです。 というわけで今回は千日紅のドライフラワーをぎっしり敷き詰めてみました。 ...

こんな飾り方いかがですか?

kahogoフレームをチェーンや皮ひもでアレンジしてみました kahogoふれーむには専用の紐がセットになっているのですが、今回はチェーンや皮ひもを使ってアレンジをしてみました。 皮ひもの場合は額縁の裏側にひもを通す穴が2か所ついていますのでそこに皮ひもを通してかた結びをすれば完成です。 チェーンの場合は皮ひもの場合と同様に穴に通して針金などできゅっと結べば完成です。 アートに合わせてマットとふれーむを決めたら、イメージに合わせて紐を選んだり色をコーデするとよりアートに表情がでますよね。 重ねて飾ったり高 ...

HINAHOさんのライブペイント

『柔らかな世界にかける、月夜のカーテン』 11/28~11/29の2日間、西武池袋本店さんにてHINAHOさんによるライブペイントが開催されました。 私はお恥ずかしながらライブペイントを初めて拝見させて頂いたのですが、どんな風に作品が完成していくのか、技法や画材などを間近で拝見でき見入ってしまいました。 音楽で言えばテープよりCDがいい音だったし、音響機器が良ければもっと良い。さらに生演奏がもっと良い。そんな初歩的な発想しかないのですが、ライブペイントはまさにそれにあたり、とても貴重ですてきな時間でした。 ...

Copyright© kahogo.jp , 2021 All Rights Reserved.