1. ホーム
  2. Staff Blog
  3. 9/21は敬老の日

9/21は敬老の日

みなさんは敬老の日に会えますか?

私の両親は高齢なのですが、孫と会った時は子供のように嬉しそうで、無邪気にはしゃいだり笑ったりして過ごしています。

孫のかわいさは言葉にならないほどだと聞きますがまさに・・・と感じます。

しかしながら今年はコロナウイルスの恐れからカメラ越しの会話などはするものの、会うにはまだ躊躇しています。

今はとにかく用心して過ごしていて欲しいと願うばかりです。

みなさんは敬老の日に会えますか?

『withコロナ』も段々と定着し、人それぞれの「ものさし」で行動するようになりましたよね。

なかなか会うことができない方は、敬老の日にkahogo石鹸を贈ってみてはいかがでしょうか。

感染対策としての役割だけでなく、保湿ケアもしっかりなので夏の疲労肌にもぴったりです。

またパッケージは取り外して壁に飾ることもできます。

心をほっこりとしてくれたり、思わず笑みがこぼれるような作品などで心のケアにも一役買ってくれるかもしれません。

『パンダを見に行った思い出があったからパンダのモチーフを・・・』など後で話のタネとなり楽しめたり?

または刺繍や焼き絵などの作品は創作意欲が湧いて、新しい趣味に出会うきっかけになるかも?

石鹸とアートで心も身体も健やかに収束の日まで過ごしましょうのメッセージも込めていかがでしょうか。

 

 

 

関連記事

kahogo時間
kahogoパッケージを楽しもう2

パッケージDIYのいろいろ・・・ みなさん、おうち時間をいかがお過ごしでしょうか。 今日は#kahogo時間で寄せられたパッケージDIYをご紹介いたします。 何かものづくりを考えたり、作ることに没頭しているとあっという間に時間が経ってしまうものですよね。 頭を柔らかくしてじーっとkahogoのパッケージを見つめたり、手に取って形状を確かめたり・・・。 そして閃いたら創作意欲がこみあげてきて、ワクワクしながら制作。完成した時に誰かに見せたくなるほど喜びを感じてしまいます。 kahogoのパッケージはアーティ ...

5000年前の石鹸のレシピ

灰汁とイノシシの脂がいい匂い? 先日、とても面白い番組を観ました。 「所さんの目がテン!」という番組だったのですが、その企画が5000年前のレシピで古代石鹸を作ってみようというものだったのです。 石鹸の誕生は5000年前の古代メソポタミア。 1世紀には古代ローマのプリニウスによって「石鹸は植物の灰とヤギの脂で作る」とレシピが粘土板に書き残されていたそうなのです。 その当時の資料と専門家の助言を手がかりに再現を試みます。 植物の灰が一体石鹸の成分の何になるのだろうとハテナだらけで観ていたのですが・・・。 ま ...

kahogo soap
第四弾デザイン募集開始!

kahogo第四弾デザイン募集開始しました! 第三弾デザイン発売が2020年4月1日でした。新型コロナウイルスの猛威に戸惑い、店舗は自粛を余儀なくされ街から人がいなくなり、イベントのほとんどが中止になっていったタイミングでした。 「日常にアートを」をテーマに掲げてkahogo projectを運営してきましたが、生きることが第一に優先され芸術というものが日常とは程遠いものになりかけていました。そんな中、自分の出来ることは何か…そう考えるクリエイターさんたちをSNS上でたくさん見かけることになります。自主的 ...

Copyright© kahogo.jp , 2020 All Rights Reserved.